論文賞・研究助成

日本創傷・オストミー・失禁管理学会研究助成 ならびに アルケア技術・研究助成
募集要項(平成29年度分)

研究助成の目的

創傷、オストミー、失禁に対するケアの向上ならびに発展を推進するために、日本創傷・オストミー・失禁管理学会は公募に応募した研究者の研究内容や将来性等を選考し、若干名に日本創傷・オストミー・失禁管理学会研究助成金またはアルケア技術・研究助成金を授与する。

募集資格・要件

  1. 1.申請者は本学会の正会員であること。
    申請に伴い入会する場合は、応募締切までに手続きを完了すること。
    入会申し込みはこちらから
  2. 2.申請者は過去5年間に本助成を受けていないこと。*共同研究者はこの限りではない。

研究助成額

  • 1件につき50万円を限度とする。

研究期間および研究成果の報告

  1. 1.平成29年度採択された課題の研究期間は1年間で、平成30年4月末日までとする。
  2. 2.研究成果は授与された翌年の本学会学術集会において発表し、研究期間終了後2年以内に本学会誌へ論文を投稿しなければならない。なお、発表に際しては、本研究助成である旨を明記することとする。

応募方法

  1. 1.所定の申請書に必要事項を記載し、日本創傷・オストミー・失禁管理学会事務局宛に提出する。なお申請書は以下よりダウンロードすること。
    • H29研究助成申込書 
      Word PDF
  2. 2.応募期間は平成28年10月3日(月)より平成29年1月16日(月)(消印有効)とする。

選考および助成の決定

  1. 1.選考は本学会選考委員会によって行われ、研究助成の可否および種類・金額は理事会での承認により決定する。
  2. 2.採択の可否は平成29年4月末日までに申請者に通知する。

研究助成金の執行

  1. 1.研究助成金の使途は、研究活動に必要な旅費交通費、人件費、消耗品費、通信運搬費、印刷製本費などとする。
  2. 2.研究助成金の執行は研究期間内とし、会計等の報告書は平成30年6月末日までに日本創傷・オストミー・失禁管理学会事務局宛に提出すること。
  3. 3.研究助成金の使途、並びに会計等の報告に関しては別途詳細を定めた取り決めを守ること。

問い合わせ先

〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
(株)春恒社学会事業部内 日本創傷・オストミー・失禁管理学会事務局
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:etwoc@shunkosha.com

研究助成金採択者用提出書類

(ダウンロードしてご使用ください)

日本創傷・オストミー・失禁管理学会研究助成採択者一覧

年度 氏名 研究テーマ
2017 中村 徳子 WOCN不在施設におけるストーマスキンケア遠隔看護支援システムの効果検証
2016 上畑 陽子 側頭部エコーによる栄養モニタリングを用いた在宅褥瘡患者の栄養管理プログラムの開発
2015 臺 美佐子 リンパ浮腫適用の夏用弾性着衣による衣服内気候・快適性・皮膚生理的機能変化と治療継続効果
2014 前重 伯壮 足関節・足趾底屈筋群のストレッチおよび筋力強化運動が糖尿病患者の歩行立脚相における前足部接触圧上昇に与える抑制効果
-糖尿病性足部潰瘍予防手段の確立を目指した臨床治療研究-
2013 吉田美香子 親水性コーティング付女性用導尿カテーテルの間欠導尿における尿路感染症予防に関する研究
2012 浅田 真弓 滲出液RT-PCR法によるSurgical Site Infection バイオマーカーの開発
2011 市岡 滋 局所陰圧ストレスが創傷微小循環へ及ぼす効果とメカニズムの解明
山本 裕子 皮膚浸軟におけるpHおよび消化酵素の影響
―真皮膠原線維の変性および炎症反応に着目して―

アルケア技術・研究助成採択者一覧

年度 氏名 研究テーマ
2017 中井 彩乃 褥瘡発生に対するスキンブロッティング法の予測妥当性の検証-褥瘡 発生メカニズムに関連したタンパク質マーカーへの着目
三木 佳子 WOCナースが実施するセクシュアリティ支援アプローチ-施療的な会話の抽出-
田中 志保 失禁関連皮膚炎予防のためのエコーを用いた高齢者に対する排便状況の実態調査
2016 佐々木 早苗 ハイリスク患者における創傷被覆材の褥瘡予防効果の検証
宮前 奈央 乳がん放射線照射部位における皮膚バリア機能の経時的変化に基づくスキンケアの提案
色摩 茉衣子 非侵襲的陽圧換気療法施行下に発生する医療関連機器圧迫創傷予防のための接触圧評価方法の確立
2015 伊吹 愛 肥満による創傷治癒遅延への影響
-皮下脂肪組織の虚血に着目して-
大網さおり 骨盤底筋訓練指導における皮膚・排泄ケア認定看護師のスキンケアに関連したアセスメント能力に関する基礎的研究
大屋麻衣子 皮膚温度による化学療法患者における抗がん剤血管外漏出早期発見方法の開発
2014 後藤 大地 慢性創傷に起因する痛みに対する客観的評価法の開発
西澤 知江 コミュニティサイト利用による皮膚・排泄ケア認定看護師のメンタルヘルスへの効果
佐藤 文 療養施設入所中の高齢者における浮腫および皮膚損傷の有病率および皮膚損傷を起こす皮膚特性に関する研究
2013 丸尾 郁 胼胝処置は足底部の知覚を改善させるか
―胼胝処置前後における知覚の比較―
片岡ひとみ ストーマ保有者の生活における困難経験とその対処方法のデータベース化
田中 純子 看護師に対する残尿測定器を用いた排尿アセスメントに関する教育プログラム開発
2012 谷口 珠実 本邦における下部尿路症状に対する外来指導型骨盤底筋訓練方法の比較評価
横山 洋子 低酸素下創傷治癒過程におけるHypoxia-Inducible Factor 1の役割とその臨床的意義に関する基盤研究
福田 守良 ダイナミック型車椅子クッションの褥瘡治癒評価
―座位で生じた褥瘡患者によるランダム化比較試験―
2011 松原 康美 静止型マットレスの寝心地評価の検討
市岡 滋 本邦における創傷局所酸素療法(topical wound oxygen therapy)の実用化に向けた臨床研究
仲上豪二朗 失禁に起因する皮膚障害(Incontinence Associated Dermatitis)評価スケール開発のため基盤研究

学術論文優秀賞受賞一覧

年度 氏名 受賞研究論文名
2017 堀  紀子, 玉井 奈緒, 野口 博史,
仲上豪二朗, 須釜 淳子, 森  武俊,
真田 弘美
Development and assessment of air mattress with independent air cell pressure control responsive to interface pressure distribution(JWOCM学会誌20巻3号:300-309,2016)
2016 正源寺美穂, 湯野智香子, 中田 晴美,
下出 弘美, 榊原 千秋, 平松 知子
急性期病院における高齢患者に対する早期排尿自立支援プログラムの効果-尿道カテーテル留置からの離脱と排尿行動の自立にむけた取り組み-
(JWOCM学会誌19巻3号:336-345,2015)
2015 上山 真美、小泉 美佐子 脳血管疾患患者における尿道留置カテーテルから自排尿獲得に向けたケアプロトコールの開発と有用性
(JWOCM学会誌18巻4号:340-347, 2014)
2014 松尾 淳子、福田 守良、井内 映美、
西澤 知江、大桑 麻由美、須釜 淳子、
紺家 千津子、真田 弘美
ベッドメーキングの違いがエアマットレスの圧再分配機能に及ぼす影響
(JWOCM学会誌17巻1号:33-39,2013)
2013 大江真琴、真田弘美、長瀬敬、大橋優美子
学術論文奨励賞受賞一覧 植木浩二郎、門脇孝
一大学病院の糖尿病患者における足部の実態調査
-インターナショナル・コンセンサスのリスク分類に基づいて-
(JWOCM学会誌16巻3号:268-277,2012)
2012 西澤知江、戸ヶ里泰典、真田弘美、須釜淳子 皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡管理体制を組織化するための調整力自己評価尺度開発における初期的研究
~質的帰納的研究成果に基づいた尺度項目の信頼性と妥当性の検証~
(JWOCM学会誌,15巻4号:282-291,2011)
2011 鈴木康之、高坂哲、古田昭、本田真理子
頴川晋
急性疾患回復期高齢尿閉患者の自力排尿機能早期評価の試み―意欲の指標の有用性―
(JWOCM学会誌,14巻3号:252-257,2010)

学術論文奨励賞受賞一覧

年度 氏名 受賞研究論文名
2017 飯坂 真司, 真田 弘美 東京都の皮膚・排泄ケア認定看護師所属施設の分布-地理情報 システムを用いた病院・自治体単位の空間分析(JWOCM学会誌20巻3号:319-328,2016)
2016 野口 博史, 大江 真琴, 竹原 君江,
森 武俊, 真田 弘美
Reliability and validity of an on-site measurement and visualization system to measure plantar pressure and shear force in footwear for the education of diabetic patients
(JWOCM学会誌19巻3号:327-335,2015)
市川 佳映, 須釜 淳子 介護療養型医療施設におけるIncontinence-Associated Dermatitis(IAD)の有病率および看護ケア、組織体制との関連
(JWOCM学会誌19巻3号:319-326,2015)
2015 小髙亜由美、松田 友美、石田 陽子 刺激性抗がん剤(シクロホスファミド)の血管外漏出に対する罨法の作用に関する実験的研究
(JWOCM学会誌18巻4号:29-36, 2014)
2014 駒形 和典、仲上 豪二朗、玉井 奈緒、加藤 啓史、杉本 隆、飯坂 真司、須釜 淳子、繁田 佳映、真田 弘美 パウチを用いた新しい男性用尿失禁ケア用具の開発と評価
(JWOCM学会誌17巻1号:11-22,2013)
2013 玉井奈緒、貝谷敏子、竹原君江、大江真琴
長瀬敬、村山陵子
Evaluation of skin temperature, humidity, and comfort of two types of absorbent products for urinary incontinence
(JWOCM学会誌16巻4号:345-352,2012)
2012 山本裕子、仲上豪二朗、森武俊、酒井梢
真田弘美
Evaluation of preventive effect on buttocks immersion of independently controlled inner air cell pressure in air mattress
(JWOCM学会誌,15巻3号:239-249,2011)
2011 焦麗娟、飯坂真司、須釜淳子、松尾淳子
福田汐里、大場美穂、峰松健夫、田端恵子
杉山徹、真田弘美
療養型病院入院高齢者における皮膚と栄養状態の関連:栄養スクリーニングのための工学的皮膚評価
(JWOCM学会誌,14巻2号:239-246,2010)