学会の歴史

一般社団法人 日本創傷・オストミー・失禁管理学会年表

昭和51年
日本初のET(外科医)誕生
昭和56年
日本ET協会設立
昭和61年
聖路加国際病院ETスクールクリーブランドクリニック分校開校
平成2年
聖路加国際病院ETスクールクリ―ブランドクリニック分校独立
平成3年
第1回日本ET協会学習会開催
平成6年
聖路加国際病院ETスクール閉校(66名がETナースの認定取得)
平成8年
日本看護協会WOC看護認定看護師教育課程開講
平成9年
WOC看護認定看護師一期生誕生
第6回日本ET協会学習会改め日本ET協会学術集会開催
平成10年
ETナース移行措置としてWOC看護認定看護師特別試験実施。67名のETナースがWOC看護認定看護師の認定取得
平成11年
第8回日本ET協会学術集会改め、日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会開催(会員以外の医療者の参加開始)
平成18年
日本ET協会から日本ET/WOC協会へ改名
平成19年
WOC看護認定看護師から皮膚排泄ケア認定看護師へ名称変更
平成21年
日本ET/WOC協会から日本創傷・オストミー・失禁管理学会(JWOCM)に改組
平成23年
一般社団法人 日本創傷・オストミー・失禁管理学会を設立
平成28年
日本創傷・オストミー・失禁管理学会25周年記念誌「学術の発展と継承」発刊